公開研究会:(第3期)生協論レビュー研究会から
――現在へと続く生協のあゆみの考証――

 この公開研究会は、(公財)生協総合研究所から今年2月に刊行された「(第3期)生協論レビュー研究会<上>」『生協総研レポート』No.91のうち3つの論考について著者から報告を行い議論するものです。具体的には戦後の生協法制定に向けた動向から2007年生協法改正までの議論、主に1980~90年代の生協職員参加の議論、『販売革新』にみる生協の取り上げられかたの変遷を、それぞれ文献調査から振り返ります。生協の歴史的経過を多角的に振り返る貴重な機会となります。

 今回は実参加とオンラインでの参加のいずれかを選択いただけます。生協に関係するみなさま、さらには協同組合に関わる関係の方々、研究者の方々など、多くの方ののご参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

テーマ・報告者

  • 報告1 三浦一浩(一般財団法人 地域生活研究所)
    「生協法制定に向けた日本協同組合同盟の動きといくつかの法案の検討
     補論:生協法制定後の日本生協連の法改正要求」
  • 報告2 石澤香哉子(一般財団法人 地域開発研究所)
    「生協における職員の「参加」にまつわる議論の整理」
  • 報告3 鈴木岳(公益財団法人 生協総合研究所)
    「有力流通情報誌上で生協は折々どのように取り上げられてきたか(2)
     ―『販売革新』からよみとく―」

日程・開催場所

  • 日 時:2020年8月27日(木)14:00~16:55 (開場13:30)
  • 場 所:四ツ谷・プラザエフ5階会議室(地図参照)/オンライン
  • 参加費:無料
  • 主 催:公益財団法人 生協総合研究所/一般財団法人 地域生活研究所
  • 参加形態:実参加(定員27名)、オンライン参加(定員90名)
    ※いずれも事前の登録が必要です。

参加方法

  • ご来場いただいての参加
     ソーシャルディスタンスを保つために、ご来場いただいての参加は定員を27名にさせていただき先着順といたしますので、お申込みはお早めにお願いいたします。
  • Zoomによるオンライン参加
     事前に主催者(管理者)よりミーティングIDとパスワードを、ご登録いただいたアドレスに送信いたします。そのIDとパスワードで当日Zoomミーティングにご参加いただきます。参加方法など詳細につきましては、参加受付後にご連絡をいたします。

お問合せ・お申込み

 この公開研究会のお申し込みは、(公財)生協総合研究所にお願いいたします。生協総合研究所のこちらのページの案内をご覧いただき、お問合せ・お申込みいただきますようお願い申し上げます。

 ※これまでに開催した講座・講演会についてはこちらをご覧ください。